デザインと素材

デザインと素材

17/09/16
/ / /

デザイン結婚指輪にはいろいろなデザインがあるように、最近は素材もいろいろあります。以前はほとんどが一番傷付きにくいプラチナが一般的でした。多くはかまぼこタイプや、彫刻タイプ、平打ちタイプなどで、あまり変わったデザインのものはありませんでした。しかし今はさまざまなデザインが増え、それと同時に素材もさまざまなものが使われています。最近は単一の素材ではなく、プラチナとゴールドを組み合わせたり、ピンクゴールドとイエローゴールドの組み合わせたものなどデザインによって使われています

またアレルギーのある人にもおすすめのチタンは、ステンレスを磨いたようなイメージの輝きをもっており、プラチナのようにシルバーの美しい素材です。また24色から選べるので、カラーのラインを入れたデザインや、表をシルバー、裏をカラーにし、それをねじったおしゃれなデザインなど、ポップなデザインも楽しむこともできる素材です。価格もプラチナと比べるとグーンと安くなるため、アレルギー体質の人だけでなく価格を落とすならおすすめ。またちょっと渋いタイプの結婚指輪として、七宝焼きで出来たものもあります。特に年配のカップルや着物を着る機会の多いカップルにもおすすめです。七宝焼きでも女性の方はピンク系、男性の方はブルー系など、同じ柄でも色合いを少し変えるとまたおしゃれになります。

Comments are closed.