結婚指輪のデザイン

結婚指輪というとあまり変哲のないリングというのが通常でした。結婚指輪はかまぼこタイプや平打ちタイプ、彫刻入りかまぼこタイプ、つや消し平打ちタイプなど、どれもあまり特徴的ではないものがほとんどでした。もちろん毎日肌身離さず付けておく指輪なので、婚約指輪のように宝石がたくさん付いたものなどは確かに不向きです。しかし現在は、ほとんど種類が少なかった結婚指輪も、さまざまなデザインが出回るようになってきました。例えばダイヤやキレイな宝石のメレが、1個~数個リングに埋め込まれているタイプなどが増えています。結婚指輪には宝石は使わないというのが常識のようになっていた業界に、小さい宝石を埋め込むというデザインにも、日が当たるようになってきたのです。それによってリングのデザイン自体も多様になり、ひねりやV字を取り入れたおしゃれなものが増えてきました。

2人また結婚指輪は2人で付けるため、2人が納得のいくものがおすすめです。男性はあまり派手なデザインでない、オーソドックスなのが良く、女性は華やかなデザインのものが良い場合は、ペアリングでありながら、女性の方だけ華やかになっているタイプなどもあります。このようなタイプのペアリングは、デザインが違ってもペアリングでもあるので、同じ素材で統一感のあるデザインです。しかし最近は男性の結婚指輪にもメレダイヤを使用したタイプも人気があり、真ん中に埋め込まれたメレダイヤの回りにシャープな彫刻が施されたものなどおしゃれなものがたくさん出回っています。メレダイヤなら指輪に埋め込むことができるので、引っかかることもなく日常的に使用しても問題ありません。